代官山ショップの天井の塗装が終わりました。

左官のヒトが代官山店舗の内装を塗装している

代官山のショップは塗装工程へと入り、左官の方に天井全体と壁の一部を白基調で塗って頂きました。こうやってみると壁や天井は空間を囲む存在だけに色が変わるだけでこうも雰囲気が変わるんだなぁと改めて感じます。

単にモノを販売する行為だけを考えれば場所や空間はどのようなものであっても物理的な行為自体はできますが、何かを伝えたいと思った時に商品自体、パッケージ、POP等の説明書き等の紙媒体に加えて、やはりそれを取り囲む空間は重要です。

私たちは今回の代官山プロジェクトの目的の一つとして、世界の良きモノを輸入しこの代官山ショップから発信することがあり、そこには言語化できていることからまだ言語化しきれていないものまで含めて「世界観」があります。そして世界観を伝えるためには空間こそ無視できない重要な要素なんだなと再認識させられます。

お越し頂いた左官の方に感謝です。「世界は誰かの仕事で出来ている」というCMありましたよね。大いに共感する一日でした。