ミラノでハッピーアワー☆

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/38559

飲食店などで最近よく見かける「ハッピーアワー」のサービス。
夕方から夜にかけてドリンクの料金が安くなる「ハッピーアワー」って、町歩きの際には非常に魅力的ですよね。
実は、ハッピーアワーって、イタリアのミラノが発祥だったって知っていましたか?

今日はミラノでハッピーアワーを楽しむコツをお伝えします☆

そもそもなぜハッピーアワーが生まれたの?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/267770

ハッピーアワーが生まれた理由・・。それは、イタリア人の食事の時間が影響しています。

イタリアの多くのレストランでは、観光地の店以外は、開店時間がランチ・ディナーとそれぞれ決まっていて、北部・中部イタリアであれば

ランチ  12:30頃から15:00頃まで

ディナー 19:30時から23:00頃まで

となります。

ちなみにイタリア南部はのんびりした土地柄のせいか、もっと遅い時間帯にディナーが始まることも多いので、夕暮れどきのディナーが始まる前、ちょっと小腹が空いた時間帯を活用するために誕生したのがハッピーアワーということだったんですね。

ミラノのハッピーアワーは、ラウンジやバールで18:00から21:00頃まで。

均一料金のアペリティーヴォと呼ばれるドリンクを注文すると、簡単なおつまみが食べ放題になるお得なシステムです。値段はドリンクが6ユーロ程度から15ユーロ程度、お店によってはパスタやピザなどビュッフェ系のおつまみが充実しているので、ランチをしっかり食べた日は、夜はハッピーアワーですませるというのも手ですよ。

アペリティーヴォとは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/883111

アペリティーヴォとは、食前酒のことを指します。

本来はアペリティーヴォはぐいぐいと沢山飲むものではなく、あくまで食事の前に軽く飲んで軽くつまんで、これから始まる夕飯をよりおいしく食べるためのものなんです☆

イタリアでは、このアペリティーヴォの文化がすっかり生活に息づいていて、仕事帰りにバールに立ち寄ってちょっとアペリティーヴォを楽しんでから帰宅して夕飯、というイタリア人は少なくありません。

アペリティーヴォはディナーの前にちょっと一杯という意味なので、日本での居酒屋に入って「とりあえずビール!」に似ていますね。

本場ミラノでも、ビールのような発泡性の辛口白ワインのキリッとしたスプマンテをアペリティーヴォとしていただくことが多いです。

ミラノでハッピーアワーを楽しむエリア

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1213245

それでは、ハッピーアワーの基礎知識を手に入れたところで、早速ミラノのバールやレストランに繰り出してみましょう。

イタリアは、全体的に伝統的なイタリア料理を好む傾向がありますが、ここミラノは例外。

イタリア各地の郷土料理はもちろんのこと、世界各地の料理からインスパイアされたフュージョン料理や中華、エスニック、和食、とあらゆる食事が楽しめる街ミラノを、楽しんでみましょうね!

ドゥオーモ周辺

ミラノ随一の観光スポットエリア。壮大なドゥオーモ、王宮、スカラ座といった荘厳な歴史的建築物が楽しめるとあって、昼夜を問わず一日中大勢の人で賑わいます。

ミラノにおいて、あらゆるタイプの料理を味わえるスポットです。大通り沿いの観光客向けレストランは少々お値段が高いですが、時間を気にせず利用できます。少し中心地からはずれると穴場のお店が待っていますよ☆

Bar Straf

出典:Via San Raffaele 3, Milanhttps://www.straf.it/ja/bar/

ドゥオモからすぐ。いつも混んでいる人気のバールです。コンクリートの打ちっぱなしのさっぱりとした店内に1970年代のデザイン家具や絵画、そして生演奏やDJが繰り出すアーティスティックな空間。アートや音楽が大好きな方にもおすすめ。行く前に日本語サイトでイベントカレンダーもチェックしておくとよいですよ☆

そしてすぐ近くには、ブルガリ、ジョルジオ・アルマーニ、ボッテガ・ヴェネタ、グッチ、プラダ、ドルチェ&ガッバーナ、ミュウミュウといった、イタリアが誇る名だたる高級ブランドがひしめくショッピングスポットとしても有名なミラノのファッションエリアなので、ショッピングの帰りに寄ってもいいですね。

ナヴィリオ地区周辺

ミラノの運河のエリアです。もともとミラノの下町として庶民的なエリアでした。今はミラノのナイトスポットとして人気があります。

庶民感覚で楽しめるお店が揃っているので、地元の人たちに紛れてハッピーアワーを楽しんでみましょう。

Naviglio Pavese

出典:https://foursquare.com/top-places/milan/best-places-happy-hourlzaia Naviglio Pavese, 8, Milan

夕暮れ時のロマンチックな運河の景色を味わいたいならここがおすすめ☆

ティチネーゼ門からすぐのナヴィリオ運河沿いにあるので、運河をぶらぶら散歩するのもいいですね♪

中央駅周辺

電車でミラノ入りする際にお世話になるミラノ中央駅周辺は、ミラノの中心地まで少し離れています。

旅行客が多いので駅周辺にホテルは多いのですが、反対にレストランやカフェ、バールがちょっぴり少なめ。でもご安心あれ。駅から数百メートル歩くとリーズナブルな美味しいお店を見つけることができます。

Maruzzella

出典:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187849-d1080232-Reviews-Restaurant_Pizzeria_Maruzzella-Milan_Lombardy.html#photos;aggregationId=&albumid=101&filter=7&ff=280686893

Piazza Guglielmo Oberdan 3, Milan

https://www.pizzeriamaruzzellamilano.it

地元客でいつもいっぱいの超人気店。イタリアといったらピザでしょう!というあなたは、ぜひMaruzzellaにいきましょう。もちろん、ピザに限らずパスタなどのメニューも楽しめますよ。予約なしなら開店と同時に行くことをお勧めします。

おわりに

いかがでしたか。

ハッピーアワーは、飲み過ぎてしまうとハッピーじゃなくなる可能性もありますので、飲み過ぎには十分気をつけてくださいね☆

そして、ハッピーアワーを楽しんだ後、ホテルに戻るときはタクシーをおすすめしますっ!

ミラノでは無線タクシーが普及しているので、お店の店員さんにタクシーの手配をお願いすると「XXのOO番のタクシーが△△分後に来ます」というメモやプリントを渡してくれます。タクシーのドアにその車の番号が書いてあるので、乗車するときにはその番号を確認してから乗車することを忘れずにネ。

———————————————–

Writer: Nobuyo Kobayashi
DESIGNERS’ FRIDGE Official Partner