フランスのマクドナルド攻略方法

Photo by Nobuyo Kobayashi

フランスに行ったら食事はフランス料理で!と食事にわくわくしている人も多いですよね。

ただ、観光やショッピングで疲れていたり、ヘビーなフランス料理で胃もたれしていたりするときに、ふと目に飛び込んでくる見慣れたイエローの「M」のマークについふらりと入りたくなる時があるのではないでしょうか。メニューもお馴染みのラインナップですしね。

ただ、見慣れているマクドナルドといえど、フランスのマクドナルドはシステムがちょっと独特。そこで今日は、いざという時に手軽に入れるマクドナルドの攻略方法をお伝えします♪

フランスのマクドナルドはIT化がすすんでいる!

Photo by Nobuyo Kobayashi

メニューは日本とさほど変わらないのに、まず入って驚くのがレジ注文ではなく液晶パネルのプレオーダーシステム。(もちろん、レジでも購入できますが、店員が少ない上にかなりの待ち時間です)

レジで英語やフランス語でオーダーしても、店員さんにうまく伝わらなかったり早口で質問が返ってきたりすると慌ててしまいますよね。また後ろの行列に気を使って、早くオーダーを終えなければ・・なんていうプレッシャーもあったり。そういう時は、液晶タッチパネルで気軽にクレジットカード購入をしてみましょう。

フランスのマクドナルドは、レジ前にこのように液晶パネルがずらずらと立ち並んでいます。液晶パネルの方がスマートにスムーズに注文ができるので、おすすめですよ☆

早速購入してみよう♪

Photo by Nobuyo Kobayashi

というわけで、さっそくクリーム入りのウィンナーコーヒーを買ってみましょう。

まず、タッチパネルの一番下、緑色のTOUCHEZ POUR COMMANDER(注文の場合はタッチしてください)に手で触れてみます。

そうすると、出てくる画面がこちら!

Photo by Nobuyo Kobayashi

ひゃー!?いきなりウィかノンかの二択です。ここでフランス語が読めない方は英語表示に切り替えてしまいましょう。下のENGLISHをタッチ。

Photo by Nobuyo Kobayashi

おお、安心の英語表記に切り替わりました!
ん〜、なになに?マクドナルドのアカウント番号をお持ちですか?ですって。
いや持ってないので、ここはNOをタッチします。

Photo by Nobuyo Kobayashi

そうすると、日本のマクドナルドでも聞かれる「店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」のアレを聞かれます。店内で食べていくならEAT INを、持ち帰りならTAKE OUTをタッチ。ちなみにここではEAT INをタッチしてみました。

Photo by Nobuyo Kobayashi

次に、支払い方法を聞かれます。クレジットカードかRESTO FLASHという携帯のペイサービスかを聞かれます。ここはクレジットカードをタッチ。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ようやくここからはメニューを選択。左側から欲しいジャンルをタッチすると、一覧が表示されます。はい、ホットドリンクをタッチです〜。

Photo by Nobuyo Kobayashi

うわぁ、ホットドリンクはコーヒーを中心にいろいろあるんですね。ウィンナーコーヒー(Café viennois)をタッチします。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ここではサイズを聞かれています。画像でもちょっと大きくなっていますのでわかりやすい!ここは小さい方のサイズをタッチ。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ここでは、「食後に商品の受け取りをしますか?」と聞かれています。特に食後でない場合はそのままOKを押しましょう。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ウィンナーコーヒー以外にもほかの商品を購入する場合は、また左側からタッチして商品をカートに入れていきます。今カートに入っているのは(下の方の表示で出ていますね)さきほどのウィンナーコーヒー。
これで注文はすべてであれば緑のVALIDATE ORDER(注文内容を確認する)をタッチ。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ここでマクドナルドから病気の子供達やその家族への寄付のお願いが。黄色いカーソルを右に移動させると支払い時に寄付金も追加されます。

寄付をするもよし、しないもよし。というわけで、いよいよお支払い。緑色のFINISH ORDERをタッチします。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ここでご注文内容をテーブルまで運んでもらうか、もしくはカウンターで受け取るかを選べます。まあ持ってきてもらうまでの量はないので、カウンターで受け取りを選択。右の四角をタッチ。

Photo by Nobuyo Kobayashi

ここで「オーダーは厨房に送られました」という表示が出てきました。
さああとは支払いです!

Photo by Nobuyo Kobayashi

いよいよクレジットカードの出番。下から機械に差し込みます。
しばらくはPATIENTER(お待ちください)の表示が出るのでこのままにしておきます。

Photo by Nobuyo Kobayashi

最初に、fr(フランス語)かen(英語)かを聞かれます。心配な方はenを選択してくださいね。
次にSAISIR CODE(コードを入力してください)と出ますので、クレジットカードの暗証番号4桁を押して緑色のボタンを押しましょう。

Photo by Nobuyo Kobayashi

おー!CODE BON(認証コードOK)が出ました。支払いは成功です。レシートが出てくるまでもうしばらくこのまま待ちましょう。

Photo by Nobuyo Kobayashi

一番上に番号が書かれたレシートが機械から出てきたら、RETRAIT DES COMMANDES(注文の受け取り口)にいきましょう。このマークが目印です!

番号で用意できた順から呼ばれますが、英語やフランス語で呼ばれるのが苦手・・という方は、スタッフにあらかじめレシートを見せておくと彼らの方で呼んでくれます。

Photo by Nobuyo Kobayashi

というわけでめでたくウィンナーコーヒーをピックアップできました。

若い店員さんがウィンナーコーヒーに慣れていなくて、ふわふわのホイップクリームの上からテイクアウト用の蓋をぎゅっと押し付けて中身がちょっとこぼれてしまったのはご愛嬌♪

おわりに

いかがでしたか。

フランスまで行ってわざわざマクドナルドに行かなくても・・という意見はありますが、所変わればやり方も変わる、というのをマクドナルドで実感できますよ。

次はあなたがマクドナルドのITオーダーにチャレンジしてみてくださいね。

———————————————–

Writer: Nobuyo Kobayashi
DESIGNERS’ FRIDGE Official Partner