ロンドンで魅惑のアフタヌーンティー♪

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/880365

紅茶といえばイギリスの都ロンドン。ダージリンティー、アッサムティー、アールグレイティーなどは日本でも人気ですよね。イギリス流に優雅に紅茶を楽しむとしたら、紅茶をいただきながらスコーン、サンドウィッチやお菓子を楽しむアフタヌーンティーが人気です。

もともとは上流階級のサロンで楽しまれていた本場のアフタヌーンティーを、ぜひ楽しんでみましょう♪

 

アフタヌーンティーってなに?どうして生まれたの?

 


出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/251590

アフタヌーンティーは、19世紀中頃にイギリスで発祥したお茶会のスタイルです。当時のディナーの時間は遅く、ランチタイムからディナーまでの間にお腹が空いてしまうことから、貴族社会の中で夕食前に軽食を取る習慣ができました。紅茶を楽しみながら、友人や家族たちとトランプなどのゲームに興じながら軽いおつまみを楽しんでいたんですね。なんとも優雅な生活ですね♪

ちなみにハイティーとは、肉や魚などの本格的な食事を紅茶とともにいただくスタイルで、軽食としてのアフタヌーンティーよりも質・ボリュームともにより食事らしい食事です。

 

押さえておきたい、アフタヌーンティーのマナー♪

 


出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/456843

さて、アフタヌーンティーを楽しむ前に、いただくマナーを押さえておきましょう。

まず、アフタヌーンティーを頼むときは、紅茶を選びます。メニューの中から好きな茶葉を1種類選ぶと、スタッフがお湯をたっぷり淹れた自分専用のティーポットからティーカップにティーを注いでくれます。ティーをお代わりしたい時はスタッフを呼んで注いでもらいましょう。お湯も頼めば継ぎ足してもらえます。

テーブルに着席して紅茶を飲むときは、ソーサーはテーブルに置き、カップを持ち上げていただきます。また、イギリス式ではティースプーンはティーカップの奥にセットするのがマナーです。

基本的にアフタヌーンティーは、お茶や会話を楽しみながらフードを「下から順番に」食べるのがルールとされています。

アフタヌーンティーのプレートの構造は、たいていケーキスタンドと呼ばれる立体的な3層からなるプレート構造になっており、一番下のプレートは、サンドウィッチ、二段目はスコーンやカナッペ、そして一番上のプレートはケーキというスタイルです。(中には三段構造ではなく二段構造のものや、全てテーブルに直置きのプレートというスタイルもあります。)

サンドウィッチの具材は、必ずといっていいほどキュウリのサンドウィッチ(キューカンバーサンドウィッチ)があるのはご存知でしたか?実はアフタヌーンティーが生まれた時代、イギリスではキュウリは高級食材で、キュウリのサンドウィッチは贅沢品だったのです。今の時代ですとキュウリ・・?ですが、19世紀の貴族になった気分でシンプルなキュウリのサンドウィッチを楽しんでみてくださいね。

基本的にサンドウィッチのパンは薄くスライスされていますが、ここはイギリス。一口で食べきれないものはお行儀よくナイフとフォークでいただきましょう。

また、アフタヌーンティーにかかせないのがスコーン。ふっくらと焼きあがったスコーンにジャムやクロテッドクリームをたっぷり塗っていただきます。クロテッドクリームというのは、生クリームとバターのあいだのようなクリームで、温かいスコーンによく合うんです!
日本でアフタヌーンティーセットを頼んでもスコーンにクロテッドクリームがついてこないことがありますので、ぜひ本場の味を堪能しておきたいところ。

二段目のプレートにはスコーンのほか、スモークサーモンやピンチョスのように一口サイズの“おつまみ”がついていることも。彩りのよい見た目で、目にもご馳走ですね。

いよいよ三段目のプレートはお待ちかねのケーキやタルト、ムース、マカロンなどのスウィーツプレート。ペストリーとも呼ばれます。一口サイズのミニケーキが複数プレートに乗っていて、テンションもあがります!
ここまで食べると結構なボリュームなので、もはや食事のひとつとしてカウントしてもいいくらいです。
高級ホテルだと、 これらのケーキスタンド+お茶に加えてグラスシャンパンがつくシャンパン・アフタヌーンティーという優雅なセットもあります。


出典:https://www.theresident.co.uk/food-drink-london/chelsea-westminster-best-afternoon-tea-summer-treats/

 

おすすめアフタヌーンティースポット

 

それでは本場ロンドンでアフタヌーンティーを楽しめるアドレスをご紹介☆

 

イングリッシュ・ティールーム(English Tea Room)

出典:https://img.static-bookatable.com/the-english-tea-room-at-browns-hotel-mayfair-london-5.jpg?id=f0f90dbb-fd76-4928-86c7-88d65adf3aca.jpg&404=bat2/404-restaurant.jpg&width=600&height=400&scale=both&mode=crop

33 Albemarle St, Mayfair, London W1S 4BP
https://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resorts/browns-hotel/restaurants-and-bars/english-tea-room/?utm_source=google&utm_medium=local&utm_campaign=english_tea_room

「ロンドンでアフタヌーンティー」のマストアドレス。ブラウンズホテルの中にあります。かのビクトリア女王も愛したアフタヌーンティーの聖地でもあります。なんといってもイギリスならではのケーキ類が豊富で、食べ放題。トロリーに伝統的なお菓子をたくさん乗せて各テーブルを廻ってくれる夢のようなティールームです。

お茶はブラウンズアフタヌーンブレンドを味わってみましょう。

ティールーム(Tea Room)

出典:https://www.harrods.com/en-gb/restaurants/afternoon-tea/the-harrods-tea-rooms

87-135 Brompton Rd, Knightsbridge, London SW1X 7XL
https://www.harrods.com/en-gb/restaurants/afternoon-tea/the-harrods-tea-rooms

ロンドンで紅茶といったらハロッズ!というあなたは、高級デパートハロッズの4階にオープンしたティールームに行ってみましょう。ホテルのアフタヌーンティーよりもリーズナブルに楽しめますよ。お菓子は当日のメニューから3種類をチョイスできます。ショッピングの途中に立ち寄ってもいいですね。

ダイヤモンド・ジュビリー・ティーサロン(Diamond Jubilee Tea Salon)

出典:https://www.fortnumandmason.com/restaurants/afternoon-tea

181 Piccadilly, St. James’s, London W1A 1ER
https://www.fortnumandmason.com/restaurants/afternoon-tea

日本でもおなじみのイギリス紅茶といえば、高級食料ブランドのフォートナム&メイソンも忘れてはいけないですね。もちろん、フォートナム&メイソン内のティールームはアフタヌーンティーの有名スポット。ブランドカラーの淡いグリーンの食器がなんとも上品です。
オリジナルティーもお土産にどうぞ。

 

いかがでしたか。

マナーさえ知っておけば、気軽に楽しめるイギリスのアフタヌーンティー。

イギリスの貴族になったつもりで優雅にアフタヌーンティーを楽しんでみてくださいね*

 

———————————————–

Writer: Nobuyo Kobayashi
DESINGERS’ FRIDGE Official Partner

 

Products in England