【2022年度版】徹底解説!Twitterで効率良く集客をするための7つのテクニック

数ある人気のSNSのアプリケーションの中でも、国内利用者数は4500万人にものぼり絶大な支持を受けているTwitter。「バズる」という言葉が若者の間でよく使用されるようになりましたが、Twitterはあらゆるコンテンツのバズりを生み出しやすいプラットフォームであり、集客において効果が期待できるSNSです。今回、Twitter集客をはじめてみたいけどどうしたら効率よく集客ができるのか、成功させるために必要なコツなどをわかりやすく解説していきます。

はじめよう!Twitter集客

Twitter集客をはじめるべきメリット

先ずは、なぜTwitterが集客に向いているのか確認していきましょう。大きくは以下の3点が挙げられます。

不特定多数に拡散される可能性が高い

Twitterの拡散力はかなり強く、リツイートされ続けるとフォローしていない人にもつぶやきや投稿が目に留まることがあります。いいねやリツイートも気軽につける感覚のユーザーが多く、他のSNSに比べると拡散されやすい傾向にあります。

ダイレクトに顧客とコミュニケーションをとれる

Twitterにはダイレクトメッセージ機能があり、顧客と直接コミュニケーションをとることが可能です。顧客のリアルな意見や要望などを聞くことができ、信頼関係も築くことができます。

アカウント作成も投稿も費用はかからない

Twitterは広告を打たない限り、費用が発生することはありません。広告がなくても万単位の投稿やつぶやきを拡散させることは可能なので、充分な費用対効果を期待することができます。

上記のように、Twitterをはじめるメリットは数多く挙げられます。Twitter集客に興味があり、チャレンジしてみたいと思う方は今すぐにでもはじめてみることをおすすめします。

アカウント作成方法

Twitter集客をはじめるためには、まずアカウントを作成しましょう。アカウントを作成するという初期の段階はTwitter集客の下準備としてとても重要なパートです。以下のことを意識してアカウントを作成していきましょう。

プロフィールでアカウントの目的やターゲットに対してのアプローチをする

信頼性と方針が強く伝わるプロフィールを書きましょう。個人のアカウントであれば職業、会社のアカウントであればどんな業種なのかがわかるように書き、Twitterの限られた文字数で伝えたいことを伝わりやすく書くように心がけましょう。関連する単語やキーワードをスラッシュで区切り書き出していく方法も、文字数の制限の中で情報を詰め込めますし、外部からの検索にも引っかかるようになるためおすすめです。

ユーザーをフォローする

誰もがフォロー/フォロワー数0からスタートします。そんな中で最初にどんなユーザーを選びフォローしていくかはかなり重要な事項になります。Twitterの検索機能で企業のサービスや商品に関連するワードで検索をかけ、そのワードをつぶやいている人=見込みになるかもしれない客、というふうにある程度のアタリをつけてフォロー数を増やしていきましょう。Twitterではハッシュタグでフォローすればフォローバックをしてくれる人と繋がることもできます。着実にしっかりと見込み客のフォロワーを降らしていきましょう。

投稿は継続して行う

はじめに投稿やつぶやきをしてから日にちが空いてしまわないように気を付けましょう。Twitterはフォロー数が多ければ多いほどタイムライン上に投稿が増える仕様のため、投稿がユーザーの目にとどまらず埋もれてしまう可能性があります。そのため、一日一回を目安に継続して投稿をすることが重要です。

アカウントの作成が終わったら、次は具体的な集客方法に移っていきましょう。

Twitter集客のテクニック7選

業界で人気のあるアカウントのフォロワーをチェック

同業界でフォロワーの多いアカウントをフォローしているユーザーを、つぶやきや投稿のいいね欄を参考にフォローしましょう。そのユーザーは、企業にも興味を持ってくれる可能性のある見込み客です。共通の話題や興味の対象がある相手には、フォローバックをしてくれるアカウントも少なくはありません。

閲覧されやすい投稿の時間帯を狙う

より多くの人につぶやきや投稿を見てほしければ、多くの人々がTwitterにログインしている時間帯を狙うことをおすすめします。人があまりいない時間帯に投稿すると、埋もれてしまいがちで、せっかく顧客にまで情報が届きません。人々が仕事や学校から帰ってきて、一息ついて余暇の時間を過ごしている19:00~21:00時頃は人が多く、その時間に投稿すればより多くの人々に見てもらえる可能性が高くなります。注意点としては、ただたくさんの人がログインしている時間に投稿しただけでは不十分である可能性がある、ということです。人の多さだけでなく、何時にリツイートされやすい時間帯なのか、ということも考慮したうえで投稿する時間帯を選びましょう。15時、20時頃は特にリツイート数が多くなる傾向にあるため、リツイートを狙う方はその時間に投稿するようにしましょう。

ハッシュタグはつけすぎ注意

その業界に興味のある人や繋がりたい人を探すのにとても便利なハッシュタグですが、たくさんハッシュタグを付けすぎるとビジネス目的であるという悪印象を相手にあたえてしまいかねません。文字数制限のあるTwitterではありますが、その分高い頻度で投稿できるため、一つの投稿につき1,2個ほどのハッシュタグを目安にしましょう。

顧客の反応へリアクションを返す

顧客が企業のサービスや商品を利用した旨のツイートをした場合、いいねやリツイート、リプライをするなどのリアクションを返しましょう。他のユーザーへの口コミにもなり新たな顧客を獲得できる可能性も出てきますし、感想や要望などから需要がわかったり、新たな方向性を見出すこともできます。

投稿にトレンドを取り入れる

Twitterはその日のトレンドトップ10が常に可視化されており、リアルタイムでの流行りや話題といった情報が毎日流れてきます。流行りは訪れてはすぐ去っていくため、先週まで話題だった事柄が来週にはもう古いものになっていることがざらにあります。トレンドの波にうまく乗って、おおくのユーザーの関心を引き付けられるよう、常にTwitterユーザーの動向をチェックし、投稿に取り入れられそうな単語は積極的に取り入れるようにしましょう。

視覚的なアプローチ

文字だけでなく、画像や動画など視覚的な視点からもアプローチをするようにしましょう。画像や動画を使用することは、文字だけでは限られてしまう情報量を補強することができます。他のツイートと差別化ができ、ユーザーの目に留まりやすくなります。また、Twitterでは画像や動画を利用して、リツイートやいいね、アカウントフォローなどで無料で商品をプレゼントしたり抽選で当たったユーザーにサービスを提供したり、企業側が指定したハッシュタグを付けて写真を投稿すると景品をプレゼントしたりといったキャンペーンやプロモーションを行う形式の集客方法がよく採用されています。ユーザー側にとって参加方法が簡単でシンプルなためキャンペーンに参加するユーザーは多く、高い集客効果が出やすいです。

Twitterアナリティクスで動向を分析

Twitterアナリティクスというツールを活用すれば、ツイートごとのユーザーによる反応の分析が可能になります。ツイートがどれだけの人に表示されたか、アカウントにどれだけの人が訪れたかや、エンゲージメント率からユーザーから特に関心が強かったツイートがわかります。Twitterアナリティクスから得られる情報で、どのように運用方針やアプローチの仕方を改善していくのかを考えるようにしましょう。

いかがでしたか?

Twitterは他のSNSと比べても遜色がないほど拡散力の高いSNSです。フォロワー以外のユーザーへの二次的な拡散も狙うことが可能で、無料でこれらのことをできると考えればかなりコストパフォーマンスが高いと言えます。Twitterを上手く活用し、費用をかけずにたくさんのユーザーに情報を発信し、集客を成功させましょう。この機会にぜひあなたもTwitter集客をはじめてみませんか?