アンティークやヴィンテージをこよなく愛する国イギリスのオススメ仕入れ雑貨特集

イギリスはヨーロッパの国々の中でも特に知名度と観光先としての人気も高く、英国製のものや文化に惹かれる方も多いですよね。今回は古い街並みや歴史の名残を思わせるアンティークやヴィンテージの掘り出し物がきっとみつかるイギリスで、仕入れにオススメの雑貨を特集します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

アンティーク、ヴィンテージ雑貨

イギリスではアンティークやヴィンテージ品は一定数人気があり、蚤の市やマーケットが数多く開催されます。特に人が多く集まるロンドンやロンドン近郊で開催されるマーケットは規模が大きく掘り出し物も見つけやすいです。マーケットではあらゆる種類の商品が扱われていますが、仕入れにオススメなのものとしてあげられるのは、ヴィンテージアクセサリーです。

イギリスのヴィンテージアクセサリーはかわいらしいデザインのものが多く、加えて一点ものとなると付加価値も付けられます。日本でもヴィンテージアクセサリーは一定の人気があるため、目利きが良ければチャレンジしやすい仕入れ品です。

また、一点もののアート作品などにも出会えることもあるため、そういった掘り出し物を探しにイギリスのアンティークマーケットで仕入れたい商品探しに勤しんでみるのもいいかもしれません。私たちのECサイトでも実店舗保有の企業様はイギリス雑貨を卸値で購入することができます。興味がございましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。

インテリア雑貨

ロンドンバスモチーフ雑貨

イギリスに行ったら必ずと言っていいほどみかけることになる、二階建ての真っ赤なロンドンバス。イギリスを象徴する大人気の乗り物は数多くグッズ化されています。ロンドンバスはデザインがオシャレなので置物一つ部屋に飾るだけでも空間を演出してくれます。置物以外にも子供向けのトイカーやペンスタンド、マグネットなど様々な種類のグッズが売っています。

生活雑貨/日用雑貨

ボーンチャイナのティーカップセット

イギリスといえば、アフタヌーンティーの文化。かわいらしいケーキやスコーン、良い香りの紅茶、そして紅茶が注がれている美しい模様のティーカップ。アフタヌーンティー文化が発達したイギリスには、たくさんの美しいティーカップセットが売られています。なかでもひときわ美しいのは、ボーンチャイナで作られたティーカップセットです。名前にチャイナとあるため中国発祥なのかと思われがちですが、ボーンチャイナはイギリスで生み出されました。その昔、ヨーロッパにはじめて伝わった磁器は貴族の間で大変人気があり、高級品として扱われていた背景があります。

イギリス国内では磁器に必要な原料が採れなかったため生産することは不可能でしたが、なんとか似たものをつくろうと努力を重ね、必要な原料の代用品として牛の骨灰を混ぜてつくると磁器に似たようなやきものができると発見した結果ボーンチャイナが生み出されました。ボーンチャイナ製のティーカップはとても美しく、名だたる有名食器ブランドもボーンチャイナのティーカップを販売しています。その人気の高さからアンティークの食器もマーケットでよく取り扱われているので、そのような商品を狙って仕入れるのもアリです。

ウェールズのラブスプーン

ウェールズの伝統工芸品のラブスプーンは、とてもかわいらしくあたたかみのある木製スプーンです。17世紀ごろの、男性が愛をこめて彫った木製のスプーンを結婚したい人へプレゼントする習慣からうまれたウェールズの伝統品です。模様が複雑であればあるほど相手への愛が大きいとされているため、男性たちは時間を費やして一生懸命スプーンを彫ったそうです。現在ではお土産としての人気が高いようで、キーホルダーやマグネットなどの仕入れしやすい雑貨も多く売られているそうです。

ユニオンジャックモチーフ雑貨

ユニオンジャックモチーフの雑貨は、イギリス国内だけでなく日本でも人気があって雑貨屋などで見かけることもあるかと思います。国旗が雑貨として多く売られているのは少し不思議な感覚ですが、イギリスの国旗の模様は確かにおしゃれなので人気なのも納得ですね。ユニオンジャックの雑貨も、メモやボールペンなどのステーショナリーをはじめ、ポーチやエコバックなど、様々な種類の商品で目移りしてしまいます。お手ごろな価格の商品がたくさんあるため、仕入れのハードルも低めからはじめられます。

いかがでしたか?

イギリスは都市で頻繁にアンティークマーケットや蚤の市が開催される国です。マーケットに参加して一点もののアンティーク商品を探し出すのも楽しいので、イギリスの雑貨を仕入れたいと考えている方はぜひ参考にしてください。