【2022年版】TikTok集客厳選!やっておくべき5つのメソッド

TikTokって?

若い世代を中心に大人気の動画投稿アプリTikTok。10代の若者がメインユーザーという印象が強いと思われますが、ユーザー数の増加はとどまらず、10代以上のユーザーもどんどん増えていっています。世界規模でみると10億人もの人々がTikTok を利用しており、アプリ市場分析を専門とするApp Annieによると、2022年には世界総ユーザー数は15億人を突破し、TikTokは2022年以降ショッピングへの投資を拡大しているため、その勢いはさらに増していくだろうと予想されています。

はじめようTikTok集客!

今後、TikTokはマーケットの規模をますます拡大させていくことが予想されます。それは、TikTokを利用できれば新規の顧客を獲得できる可能性も上がっていく、ということです。そのため、集客数を伸ばしたい企業は今すぐにでもTikTok集客に力を入れるべきだと言えます。

TikTok集客のやり方って?

でもTikTokをやったことが一度もないし、何から始めればいいのかがわからない!といった方のために、TikTok集客厳選5つの方法を初めての方にもわかりやすくまとめました。ぜひ、TikTok集客の参考にしてください。

1. 投稿動画をおすすめに表示させるように常に意識する

TikTokで集客がしたければ、まずはTikTokの仕組みや性質を理解しておくことが大事です。TikTokはアプリを起動した際、左下のレコメンドのロゴをタップ、AIが判断した個人ユーザーへのおすすめ動画が流れ、動画をスライドし次の動画へと、といった流れがあります。つまり、投稿した動画がおすすめに表示されればそれだけ多くの人の目に留まる可能性があるということです。動画の評価はすべてAIにより評価されます。

AIによる動画の評価項目

  • いいね数
  • コメント数
  • 総動画視聴時間
  • 視聴完了率の高さ

上記の項目を意識し、投稿する動画の内容、演出、長さなどを決めて、おすすめに選ばれる動画を作成し投稿するよう心がけましょう。

TikTokはご新規にやさしい?

実は、TikTokは新規ユーザーが参入しやすいという特徴があります。通常のSNSでは、過去に投稿した再生数の多い動画やいいねが多い投稿が閲覧される可能性が高く、今までに投稿してきた動画の質が非常に重要になり、フォロワーや投稿が0の新規ユーザーは伸び悩みをする可能性が高いです。

しかし、TikTokはフォロワーの数に関係なく、一つでも閲覧数の多い動画があれば、その動画が繰り返し閲覧される可能性があります。TikTokのシステムでは、投稿すれば必ず100人程度の人から閲覧され、その時のいいねやコメントの数、再生回数、視聴された時間などをAIによるアルゴリズムによって判断がなされます。
つまり、フォロワーゼロの一から始めたとしても、動画がおすすめに表示され再生数がさらに伸びていく可能性があり、他のSNSよりはフォロー数に左右されません。

2. ビジネスアカウントを設定する

ビジネスアカウントを設定することは、集客において大きなメリットがあります。ビジネスアカウントに設定すると、一般のアカウントではできないことができるようになります。

フォロワーや動画、インサイトの分析

フォロワーの属性などの分析により、アプローチの仕方の見直しや動画のクオリティの改善が可能に

公式サイトなどの情報の記載

フォロワーを自社サイトへ誘導することが可能に

商用楽曲の利用が可能

ビジネスアカウントに設定すれば、TikTokで商用が許可されている楽曲を使用することが可能になります。これにより、著作権によるトラブルが起きる可能性が低くなり、ライセンスを取るためにかかる時間を節約することができます。TikTokの動画はユーザーにスキップされずに動画を視聴してもらうためには内容が面白く興味を持たせて惹きつけるようなコンテンツであることが大事ですが、音楽も人の関心をひくためには重要な要素のひとつといえます。

また、動画の内容や雰囲気が選曲した音楽とマッチしているかもチェックしましょう。徐々に利用者の年齢層は拡がってきているとはいえ、メイン層は10代20代の若者が中心なので、若者が集まる音楽プラットフォームでどんな音楽が若者に好まれ流行っているのかも事前にリサーチしておくとよいでしょう。

ビジネスアカウント設定方法

アカウント取得後、マイページ右上をタップし、アカウント管理からプロアカウントに切り替えるをタップでビジネスアカウントへ変更ができます。

3. 投稿動画のクオリティを見直す

動画の視聴率が伸びず、集客が上手くできない原因として、多くの人が陥りやすい主な問題として以下のことがあげられます。

1. 動画が最後まで視聴されていない

動画の時間が長すぎると、最後までみてもらえないケースが多くなります。動画を最後までみてもらうことができないと、AIの評価項目のひとつである「視聴完了率」が低下し、おすすめに表示されにくくなってしまいます。そのため、初回の投稿は20~30秒程度の長さの動画を投稿することをおすすめします。

2. 初見時に与える印象やインパクトが弱い

短い動画の中でユーザーに与えられる情報の量は限られています。だからといって、伝えたいものをひたすら詰め込むことは、短時間の動画慣れをしているTikTokユーザーにとってストレスになりえ、動画がスキップされかねません。そのため、最初の数秒でユーザーを引き留められるインパクトをどれだけ与えられるかが重要になってきます。

主に上記ポイントを踏まえた上で、以下4つの視点から動画のクオリティを改善することを推奨します。

① 共感

TikTokにおいて共感はいいねを獲得するために非常に重要な意味があります。グルメ、スイーツ、恋愛、美容、アニマル、悩み、疑問など、ユーザーの普段の生活に深く関係している事柄は特に共感が得やすいため、どのようなトピックを選べば企業のターゲットとするユーザーの興味を引けるかを常に意識しましょう。

② 流行りのワードを使用する

××あるある、閲覧注意、××踊ってみたなど、人の興味を引き付けるために良く使われている単語を使用しましょう。最初の言葉や展開によって最後のオチが気になると思わせることができれば、動画のラストまで視聴してもらえる可能性が高くなります。

③字幕の挿入

動画内に字幕を入れ、よりインパクトを強めましょう。重要なワードは最初に表示して関心をキープし、動画のオチが気になって最後まで視聴されるような仕掛けづくりを工夫しましょう。

④ 馴染みやすい音楽を使用する

動画においてBGMは極めて重要な役割を持ちます。また、動画内容のテンションやノリとあった音楽を使用することも大事なポイントです。音声を入れるのも効果的で、わざと早口でしゃべっている演出も良く使われている手法のひとつです。

4. ハッシュタグを活用する

ハッシュタグ自体はおすすめの表示回数に直接の影響はありません。ですが、ハッシュタグを使用することは内容と関連性の高いユーザーに動画が表示される可能性を高くするために非常に役に立ち、動画を狙ったユーザーにリーチさせるという点で重要な要素と言えます。

最初に投稿された動画がAIによって100人ほどのユーザーに表示され、そこからのいいね数や視聴時間などによって次のユーザーたちに表示されていきます。AIにより表示先が決定していく仕様のため、普段はそのハッシュタグの分野には興味がないが、たまたま見ていた動画が投稿動画と関連性があり、そのユーザーに表示されてしまう、といったケースが発生する場合があります。

もちろんそのユーザーは普段その分野に興味がないため、スキップをしたりいいねをつけず、投稿した動画のおすすめ表示の伸びがそこで止まってしまいます。このような事態を防ぐために役立つのはハッシュタグです。そのため、必ず関連性のあるハッシュタグを付けるようにしましょう。

5. 広告やインフルエンサーを起用

広告を出稿することや流行りのインフルエンサーを起用することは、費用はかかりますがその分高い訴求力があります。TikTokの広告は主に四種類あります。

運用型広告

運用型広告は、課金制の広告で、クリック数や再生数に応じて料金が異なります。1000円以下からでも出稿が可能なため、初期投資を抑えたいという方にオススメです。

起用画面広告

起用画面広告は、TikTokを起動したとき一時的に表示される広告のことです。ユーザーの画面に表示されるためダイレクトなアプローチが可能で、外部リンクへの誘導も可能です。広告の訴求力は高い分、費用も高いです。一日一社限定で広告が配信され、想定費用は500~700万円以上ほどです。短時間でできるだけ多くのユーザーへ直接アプローチをしたい方にはとても向いている広告です。

インフィード広告

インフィード広告とは、アプリ内のおすすめ欄に表示される広告のことで、ユーザーからすると一見広告なのか投稿なのかわからないため、広告感がなくユーザーにストレスをあたえにくく、スキップされることが少ない訴求力のある広告です。また、投稿する前にどのようなユーザーに対してアプローチするかを設定することができ、運用次第で効果の高い宣伝を行うことができます。費用は広告がおすすめ欄内の何番目に表示されるかで異なり、それぞれのプランの値段は40万~625万です。

チャレンジ広告

チャレンジ広告とは、ユーザー参加型の広告であり、企業側がハッシュタグを指定し、ユーザーにハッシュタグを付けた動画の投稿を促すことによって企業の認知度をあげる広告です。ユーザーが動画をあげるため、企業側は動画を作成する必要はなく時間の節約になります。

ユーザーの興味を引きやすく、拡散力も高いため集客効果は大きいですが、最安値のプランが1500万と設定されています。ですが、他の広告が一日の長さであることに対してこのプランは掲載期間が二か月とかなり長めです。中期、長期の長い目でビジネスアカウントを育てていきたい方には最適の広告です。

いかがでしたか?

TikTokは2022年以降もユーザー数を伸ばし続けている、勢いのあるアプリです。今までは10代や20代のユーザーが集中していて、企業側としてはどうしても若い人へのアプローチしかできずTikTok集客はノータッチの企業が多かったかと思いますが、今後もますますユーザー数は伸び注目度も上がることが予想され、企業も参入しやすいように動画の再生時間の長さも変更になったりと、TikTokに参入する企業が増加し、今後集客が重要な課題になってくると思われます。

TikTokは企業が集客をするといったシチュエーションではまだまだ未知数であり、逆に言えば伸びしろがあるということで、チャレンジをしてみる価値は大いにあります。ユーザーの反応率の高さや、手軽につくれる短い動画という低コストで高い集客効果が見込めるという点、他のSNSと比較すると動画で紹介された商品やサービスの購入に繋がりやすいという点を考慮すれば、今すぐ集客に活用すべきだと言えます。まだ参入企業の少ないうちに、ぜひTikTok集客をはじめてみてはいかがでしょうか?