Home ■ Europeイタリア ローマの表玄関*テルミニ駅を探検しよう

ローマの表玄関*テルミニ駅を探検しよう

by Designers' Fridge

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ローマ・テルミニ駅#/media/File:Roma_termini_01.jpg

 

飛行機で、鉄道で、イタリアの首都ローマ市内を訪れる旅人たちを最初に歓迎してくれるのはローマ中央駅であるテルミニ駅(Stazione di Roma Termini)。テルミニ駅URL:https://www.romatermini.com/en/(英語)

テルミニ駅は、ヨーロッパでも最大の駅の一つで、パリ、ミュンヘン、ジュネーブ、バーゼル、ウィーンなどヨーロッパの各都市から国際列車が毎日到着するほか、イタリア全土の主要都市に向けて列車が運行され、そのプラットホームの数はなんと29!そのほかに市内を走る地下鉄の駅やトラム駅、そしてバスターミナルもテルミニ駅に隣接しており、朝から晩まで乗降客でごった返しています。

イタリアの表玄関というべきテルミニ駅は、駅構内のほかにレストランやバー、フードコート、アパレルショップ、土産物屋、銀行、郵便局、ツーリストインフォメーションが入る一大複合施設を形成しており、ただ移動でテルミニ駅を通過するだけではもったいない!

ここもまた一つの観光スポットとして楽しめてしまうので、今日はテルミニ駅をじっくり探検してみましょう。

 

駅名の由来はお風呂から?!


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ディオクレティアヌス浴場#/media/File:Roma_Plan.jpg

テルメニ駅という名前はなんと、古代ローマの「公衆浴場」というテルメ(Terme)から来ているそうです。(日本でも「テルメ」という名前のお風呂施設がありますよね。)テルミニ駅の近くに古代ローマ帝国のディオクレティアヌス浴場の遺跡があることから駅にお風呂を意味する名前が付けられたと言いますが、さすがローマ。歴史の街ですね。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ローマ・テルミニ駅#/media/File:Roma_termini_02.jpg

また、大きな建造物が好きなローマらしく、テルミニ駅も相当巨大です。
ヨーロッパの駅の特徴でもありますが、駅の構造は頭端式(とうたんしき)ホームで、上からみるとカタカナの「ヨ」の字状に複数のプラットホームと正面玄関が連なっているスタイルを採用しています。

プラットホームの片方の端は正面玄関側と隣接し行き止まりとなるため、ホームへの出入線は一方の端から行われます。
テルミニ駅をくまなく歩くとかなりの移動距離になりますので、くれぐれも歩きやすい靴や服装で出かけてみてくださいね。

 

巨大な地下はショッピング街!メトロへのアクセスも良好☆

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/テルミニ駅_(ローマ地下鉄)#/media/File:Rome_metro_02.jpg

本屋や眼鏡屋、アパレルショップがひしめく地下エリアです。コスメで有名なセフォラや北欧雑貨のフライングタイガーコペンハーゲンといった、女子にはたまらないラインナップも見逃せません。

また、テルミニ駅からバチカン市国やスペイン広場へ向かうメトロA線や、コロッセオに向かうメトロB線の入り口も地下フロアにあります。ローマ市内の観光の拠点ともいえますね。

 

優雅に旅情を味わうなら1階のフードテラスへ


Photo by Nobuyo Kobayashi

出発までのひとときを優雅に味わいたいのであれば、エスカレーターで1階(日本でいう2階)にあがったところにあるフードテラスに行ってみましょう。

鉄道会社のラウンジエリアや上質で気の利いたカフェバーが並んでいます。

仕事をしながら列車の到着を待っているビジネスマンや、家族や友人と過ごしている人も多く、優雅にのんびりとした時間が過ごせます。

 

実は穴場。庶民派ローマ料理を味わうなら、プラットホーム脇のメルカートへ!

Photo by Nobuyo Kobayashi

プラットホーム階は、プラットホーム&列車の券売機のほか、イタリアで有名なカフェテリアレストランチェーン店や文具や雑貨店、郵便局や本屋など、出発前にちょっとしたショッピングを楽しむことができます。ひっきりなしに到着する列車から波のように人が押し寄せ、ごった返しています。スリに注意してくださいね。

活気のある、飾らない庶民派の日常を楽しみたいのであれば、空港へ向かう24番線のプラットホーム脇のショッピングセンターをずんずん奥に進んでみましょう。

荷物預かり所を通り過ごしていくと、向こうからジェラートを片手に食べながらやってくるイタリア人サラリーマンたちが出没しますが、不思議に思うなかれ。ジェラートは老若男女に人気のイタリアの国民食。スーツをきた立派な身なりのおじさまたちがジェラートを片手にをぺろぺろと食べ歩く光景を目にします。

荷物預かり所の先にはメルカート(イタリア語で市場という意味)という名のフードコートがあり、中にはジェラート屋をはじめ、ビールスタンドや注文を受けてからピザ釜で焼き上げるピザ屋など、ローマっ子たちが普段着で通うメニューが揃い、駅周辺で働く人たちや地元の人で賑わっています。

フードコートには日本人の経営するラーメン屋もあるので、日本食が恋しくなったら立ち寄ってみるといいかもしれません。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

テルメニ駅はかなり大きいので、見応えはあります。全てを見ようとするとかなり時間がかかりますので、あらかじめホームページなどで行きたいお店を調べておくと効率よく回れるでしょう。

また、駅に隣接しているタクシー乗り場やメトロの駅、荷物預け所は常に混雑し、長蛇の列ができていますので、スリに気をつけることと時間に余裕を持って行動することをお勧めします!

———————————————–

Writer: Nobuyo Kobayashi
DESIGNERS’ FRIDGE Official Partner

related articles