東と西の橋渡し!エキゾチックさ漂うブルガリアでおすすめの仕入れ雑貨を大特集

ブルガリアは東の文化と西の文化が交わって発展してきた独特の文化を持つ国です。ヨーグルトやバラなどのイメージが強い国ですよね。今回はそんなブルガリアでおすすめの仕入れ雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

ブルガリア刺繍

ブルガリアの伝統刺繍は、白い生地に赤い刺繍が鮮やかで美しく、服や布製品など数多くの製品が販売されており、仕入れにオススメです。他のヨーロッパの国の刺繍と比較すると、どことなくエキゾチックな雰囲気を感じさせる個性的なデザインです。また、ブルガリアは比較的物価が安めの国ですので、高品質な刺繍雑貨を安価に購入できます。ミニバッグやポーチ、巾着、コースターなど小物なども仕入れしやすくオススメです。

インテリア雑貨

マルテニッツァ

マルテニッツァはブルガリアの伝統的なお守りで、ミサンガのように腕に飾ります。赤と白の紐で、ハンドメイドで編み上げられています。春が訪れると、大切な人の幸せや健康を願いプレゼントしあう風習があるそうです。フリンジのようなタイプのものもあれば、可愛い人形の形を模したものや有名なキャラクターとコラボした商品まで販売しており、ブルガリアでしか手に入らないため、仕入れにオススメです。

生活雑貨/日用雑貨

ローズスキンケアグッズ

ブルガリアはローズが大変有名な国です。お店には、あふれんばかりのバラのコスメがたくさん並んでおり、どれを選ぼうか迷ってしまうほどです。ブルガリアで栽培されるばらの品質は世界でも群を抜いており、有名な高級コスメブランドが香水の材料に採用するほどの評価を受けています。ブルガリアの豊かな土壌ときれいな水、適度な日光が高品質のローズを育てるのに最適なのだそうです。ローズオイルやハンドクリーム、ローズウォーターなど様々なバラコスメが、日本よりも安い値段で購入できます。

ヨーグルトスキンケアグッズ

バラのコスメに比べると数は少ないですが、ブルガリアでは日本では珍しいヨーグルトのスキンケアグッズを購入することができます。ブルガリアでは、ヨーグルトは食べるだけのものではなく、スキンケアグッズとしても使用されます。内側だけでなく外側も美しく、というブルガリアの人々の美意識の高さが伺えますね。

トロヤン焼

トロヤン焼は、ブルガリアを代表する伝統工芸品です。その珍しい模様は、ひとつひとつ職人のハンドメイドによって仕上げられています。ろくろを使って粘土を回し、乾かないうちに色付けをするため、雫がこぼれたかのような個性的なデザインが出来上がります。ろくろの回る加減によってデザインが出来るため、全く同じデザインのものはできず、全て言って一点ものと言えるところも嬉しいポイントです。珍しい海外の工芸品が好きな方にはオススメの仕入れ向き雑貨です。

いかがでしたか?

ブルガリアでは東と西の文化が交じり合ったどこかエキゾチックな雰囲気がする素敵な雑貨がたくさん売られていますし、ヨーロッパの中では物価が比較的安い国ですので、仕入れ先の国としてオススメの国です。仕入れの参考になりましたら幸いです。

名だたる芸術家たちを輩出した音楽の都オーストリアで仕入れにオススメの雑貨を大特集

世界的にも有名な数々の芸術家たちの故郷であるオーストリアでは、可愛くてエレガントな仕入れ向きの雑貨が数多く販売されています。今回はそんな国オーストリアで仕入れにオススメの雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

スワロフスキー

オーストリアのチロル地方発祥のスワロフスキーは、特殊なカットが施されたクリスタルガラスのことで、大変美しいため人気があります。日本でも知名度は高く、スワロフスキーという単語を聞いたことのある方は多くいらっしゃるかと思います。通商のクリスタルよりも輝きが美しいスワロフスキーは、光の屈折などが計算され、高い技術を持ってカットされています。オーストリアでは、いたる場所でスワロフスキーのアクセサリー日本で買うよりも安く購入することができます。

NO Kangaroos in Austriaのグッズ

オーストリアには、No Kangaroos in Austriaと描かれた ユニークなロゴ入りの雑貨が販売されています。これは、カンガルーがたくさん生息するオーストラリアとオーストリアの名前が似すぎていることから生まれたジョークグッズです。確かに名前が似すぎていて、どっちがどっちだったかわからなくなる時もありますよね。Tシャツやトレーナーなどの服飾雑貨をはじめ、マグカップなどの生活雑貨も販売しています。ルームウェアとして一枚持っていると楽しい気分になれるため、仕入れにオススメです。

インテリア雑貨

伝統陶器グムンデン焼き

オーストリアの多くの家庭で愛用されているグムンデン焼きは、約500年の歴史を持つ伝統の焼き物です。グムンデン焼きは技術を受け継いだ職人の手によってハンドメイドで絵付けされています。そのため、とてもあたたかみかつ素朴さのある素敵な焼き物が仕上がります。伝統的な模様として、「グリュンゲフラムト」という模様があります。緑の炎という意味を持ち、白い陶器の上にペイントされた緑の鮮やかさが美しい模様となっています。このほかにも、様々の色のものや「シュトロイブルーメン」という可愛らしい小花柄のものも人気があり、仕入れにオススメです。

アウガルテン陶器

アウガルテン陶器は、ハプスブルク家に愛された由緒正しいエレガントな陶器です。美しいローズのペイントが特徴で、古い歴史を持った磁器です。実は日本の皇族も使用しているそうです。大きなお皿やティーカップセットはお値段が高めですが、小皿など小さめのものも販売されており、アクセサリーを置く器としても使用できます。

生活雑貨/日用雑貨

クリムトモチーフ雑貨

オーストリア出身の有名な画家、クリムトの作品を見たことはありますか?美術の教科書などでクリムトの代表作「接吻」を見たことがある方は多くいらっしゃると思います。ここオーストリアではクリムトにゆかりのある雑貨がたくさん販売されています。ティーカップやエコバッグ、ポーチなど実用的なグッズがたくさんあり、仕入れにおすすめです。少しデフォルメされたようなモダンなデザインのものもあり、おしゃれでオススメです。

プチポアン

プチポワンとは、オーストリアで18世紀ごろにうまれた伝統刺繍です。かの有名なマリーアントワネットをはじめ、ハプスブルク家から愛用されてきたとても美しい刺繍です。他の刺繍と比べると針目が細かいという特徴があり、そのため絵画のようなデザインも刺繍で表現できる、オーストリアならではの芸術的な刺繍です。ポーチや手鏡、ジュエリーボックス、アクセサリーなど様々なプチポワンの刺繍雑貨があり、仕入れにオススメです。

いかがでしたか?

オーストリアは芸術の都と呼ばれるだけあって、歴史があり美しい雑貨がたくさん販売されています。仕入れの参考にしていただけますと幸いです。

スパイスと神秘の国インドでオススメの仕入れ雑貨大特集

インドといえば皆さん口をそろえてカレーと答えるかもしれませんが、実はインドでは仕入れにおすすめの魅力的な雑貨がたくさん販売されています。今回は選りすぐりのインドの仕入れにオススメの雑貨を紹介していきます。

ファッション雑貨/服飾雑貨

チェーンステッチ

チェーンステッチは、インドの代表的な伝統工芸品です。チェーンステッチは、裏側の縫い目が鎖のような見た目をしていることが特徴です。ハンドメイドでひとつひとつ手作業で仕上げられているものが多く、ハンドメイドならではのあたたかみのある雑貨です。チェーンステッチの履物は特に種類も多く、カラフルで気分が上がる見た目をしており、仕入れにオススメです。

アーユルヴェーダコスメ

アーユルヴェーダという言葉をお聞きしたことはありますか?アーユルヴェーダは、インドの伝統医学のことです。その歴史は非常に長く、世界三大伝統医学の一つとされています。インドではアーユルヴェーダコスメの人気が高く、数多くのコスメが販売されています。アーユルヴェーダは天然由来のものを材料に作られているため、安心して使用できます。また、ベジタリアンが多くいるインドのコスメは、近年のベジタリアンやビーガンといったトピックへの関心の高まりにつれて、さらに需要を伸ばしています。特にオススメのアーユルヴェーダコスメは、リップクリームやハンドクリームなど手軽にたくさん買えるものです。一つ100円しない商品もあり、仕入れにオススメです。

インテリア雑貨

サンダルウッド木彫りアート

サンダルウッドは日本名で白檀と呼ばれており、日本では数珠や仏像などを作る際使用されている高級な木です。サンダルウッドの原産地はインドで、インドではサンダルウッドの木彫りアートが販売されています。とても緻密な技術で彫られており、高品質なものが多いです。サンダルウッドは香りがとても良いことも特徴の一つで、木彫りアートからはほんのりと落ち着く良い香りが漂います。

生活雑貨/日用雑貨

ペーパーマッシュ

ペーパーマッシュは、紙と紙粘土を用いて作られるインドの伝統工芸品です。良く売られているのは小物入れです。コロッとしていて見た目も可愛らしく、アクセサリーなどを収納するのにぴったりの雑貨です。また、ペーパーマッシュのガネーシャや動物の置物なども売っていますが、海外特有の味のあるデザインのものが多く、部屋のインテリアとしてもおすすめです。模様はハンドペインティングで描き込まれており、ぬくもり感じることのできる素敵な品です。

テラコッタ

インドではテラコッタの雑貨が多く販売されています。テーブルウェアやインテリア、アクセサリーなどじつに様々なテラコッタ雑貨を購入することができますが、特に仕入れにおすすめなのはテラコッタジュエリーです。インドの人々はアクセサリーをたくさん身に着けている人々が多く、金やカラフルな色合いのものなど派手なアクセサリーを好む傾向にあるため、インドのアクセサリーショップでのお買い物は退屈しません。テラコッタの追いついた色味と金の組み合わせはよくかみ合っていて、独特なデザインやカラーのテラコッタジュエリーを楽しむことができます。

いかがでしたか?

カレー以外にも魅力的なものがいっぱいのインドでオススメの仕入れ雑貨特集でした。仕入れの参考になりましたら幸いです。

雑貨の定義/種類およびニーズ分析方法

雑貨屋を開業予定の方、また会社の新規事業で雑貨事業を始める方等を想定して、雑貨ビジネスの立ち上げ方法の手順を解説します。この記事では、雑貨についての理解と雑貨ニーズの分析方法をご紹介します。

雑貨の種類

まず、前提として雑貨は商品単位で捉えると実に多岐に渡りますが、大別すると3つのカテゴリーに区分されます。

  • ファッション雑貨/服飾雑貨
  • インテリア雑貨
  • 日用雑貨/生活雑貨

雑貨のニーズ

続いて把握しておきたいのは、各雑貨カテゴリーのニーズの度合いです。

ちなみに、私達デザイナーズフリッジは、想いのページでも伝えておりますが、どのようなレイヤーの意思決定であれ、「売れる or 売れない」基準だけの意思決定に偏重すると、巷には同じようなカテゴリーの同じような商品ばかりが溢れてしまい、結果的に類似品の競争激化で価格競争となり、モノも売れなくなってしまいます。

つまりは、雑貨を購入する一般の人にとっても、雑貨を販売する店舗や企業にとっても、お互いが不幸になる負のスパイラルの構造です。

だからこそ、「この雑貨カテゴリーが大好きだから売りたい」、「この雑貨を売りたい」といった類の想いの方が、モノが溢れに溢れている令和の時代にとっては重要ではないかと私たちは考えています。

とは言え、雑貨のカテゴリー選択は商品の上位レイヤーであり、ある種の市場の選択の段階です。故に、そこまで気にする必要はありませんが、先々の意思決定の連続が控えておりますので、頭の片隅に置いて頂ければ幸いです。

先ずは手軽に雑貨カテゴリーの多寡を把握してみよう

さて、ビジネスである以上、モノが売れないと継続はできませんし、長期滞留在庫によるキャッシュフローへの影響は避けたいところです。そこでまずはざっくり雑貨のカテゴリー単位でニーズの多寡を把握しましょう。市場規模で検索して分析レポートを調べる等、色々と方法もありますが、自分で自由に比較対象を変更でき、手軽にざっくり把握できる方法「Googleトレンド」を活用した直近1年間の各雑貨カテゴリーの検索数の相対比較データを用いて、概ねのニーズとして内容を見てみましょう。


出所:DESIGNERS’ FRIDGE (Googleトレンドのデータを基に編集加工)(期間 2021年7月- 2022年6月)                                    

さて、いかがでしょうか。ぶっちぎりでインテリア雑貨を検索する(=探している)人が多いことが分かります。続いて、生活雑貨、日用雑貨、最後にファッション雑貨、服飾雑貨となります。これだけを見て何も考えずに判断すると、アパレル不況と言われてるだけあり、「ファッション/服飾雑貨はやめておこう、というよりもインテリア雑貨一択だろう」と飛びついてしまうかもしれません。しかし、ここは一旦冷静に立ち止まって考えてみましょう。ポイントとして2つ紹介します。今後の分析及び方向性の検討においても参考になる考えですので是非ご確認ください。

1. レッドオーシャンとブルーオーシャン

例えば、インテリア雑貨のマーケットが大きいからチャンスがあるとAさんが判断したとしましょう。しかし、マーケットが大きいところは大手企業を中心に得てして競争が激しくレッドオーシャン(事業戦略の領域で「血に染まった海」を指します)です。

反対に小さなマーケットは、大手企業にとって費用対効果が合わないからあまり参入しません。基本、自分が魅力的だと思ったら、他の人も魅力的だと思っているものです。それは経済合理性を重視するビジネスの領域では特に顕著です。そのためインテリア雑貨ではなく、あえてファッション雑貨や服飾雑貨を狙う方が、実は中小企業にとっては妥当なアプローチともいえます。

また、レッドオーシャンの対義語として誰も手を付けていないブルーオーシャン市場という概念もあります。ニッチな領域に絞り、バリューイノベーションの視点から差別化とコスト優位性を発揮し新たな市場を作るアプローチです。理論は分かってもそれができたら苦労しないと思いますが、ブルーオーシャンを目指した方がわくわくはしますよね。

2.  一般消費者の呼び方の構造化

2つ目については、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。今回の上記データ作成の目的は、あくまでざっくりと各雑貨のカテゴリーのニーズを、何かしらのデータで代用して判断するというものです。そのため便宜的に雑貨のカテゴリーで比較しました。

さて、仮説ではありますが、先に答えを申し上げると、一般消費者は、インテリア雑貨と検索はしても、ファッション雑貨や服飾雑貨とはなかなか検索しないから、と考えられます。ファッション雑貨や服飾雑貨と検索するのではなく、バッグや財布、腕時計といったもう一つ下のレイヤーのカテゴリーで検索するからです。むしろ、ファッション雑貨や服飾雑貨という呼び方は業者視点寄りのワードといえるでしょう。

反対に、インテリア雑貨はどうでしょうか。勿論下のカテゴリーも勿論あり、時計ひとつ例にとっても、目的が明確であれば、掛け時計や置時計といったワードで検索する人もいるでしょう。しかしながら、インテリア雑貨は相対的に人々が想起する対象範囲が広く、置物や飾り、ちょっとしたプラントや、小物入れ、オーナメント等、部屋をデコレートする、おしゃれにする、あるいは部屋の機能性をよくするモノと括って検索しているからといえます。

以上を一言でいえば、一般消費者が「インテリア雑貨で何かいいモノないかなぁ」と思うことは合っても「服飾雑貨で何かいいモノないかなぁ」とは思わないですよね?ということです。

それでは、生活雑貨、日用雑貨はどうでしょうか。これもファッション雑貨や服飾雑貨程でないにしても、そちら寄りといえるでしょう。そこで気になるのが、日用雑貨よりもなぜ生活雑貨の方がなぜ多いのか?こちらについては、日用雑貨よりも生活雑貨という名前の方がより市民権を得ているといえそうですし、また、「生活雑貨」という著名なサイトもありますよね。そのあたりが影響しているのではとも考えられます。

実際にGoogleトレンドで分析してみましょう

以上2点を踏まえて、実際にGoogleトレンドを使用してご自身の興味のある比較対象を整理し、更に商品カテゴリー単位まで掘り下げて、雑貨のカテゴリー・商品分析をしてみましょう。ご自身熱い想いと冷静な視点によるオリジナルの分析データが出来上がります。是非試してみてください。

Google Trendはこちら

 

アラビア海に面する熱砂の国パキスタンで仕入にオススメの雑貨を大特集

パキスタンは、アラビア海に面しており、古い歴史や世界遺産の遺跡が残る独特の雰囲気を漂わせた国です。今回はそんなパキスタンでおすすめの仕入れ向き雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

パシュミナ

パキスタンでは、パシュミナという高品質なストールがたくさん売られています。インド、チベット、パキスタンに生息する山羊のごく僅かしか採ることのできない内毛で織られている毛織物です。とても軽くて触り心地も良く温かいため、人気が高い商品です。糸が均一に織られたものほど高品質で、値段も高くなっていきます。高級品ですが日本で買うよりはお安く仕入れることができます。

クッサ

クッサは、パキスタンで購入できる伝統的な革靴です。様々な色やデザインをしていてとてもおしゃれな靴です。伝統的な刺繍が施されているものや、シンプルなデザインで使い勝手の良いもの、アーティスティックなイラストの模様のものなど、素敵なデザインのものが多く、一足は持っておきたい一品です。軽くて履きやすく、値段も安く仕入れしやすいため、オススメです。

メヘンディ

パキスタンではメヘンディという二週間ほどで消えるタトゥーがたくさん販売されています。現地ではメヘンディと呼ばれていますが、いわゆるへナタトゥーのことを指しています。パキスタンの人々の間ではネイルアートを楽しむような感覚でメヘンディが楽しまれています。メヘンディは天然由来の染料を使用しているため、身体に悪影響を及ぼしません。へナタトゥーの歴史は3000年以上も続いており、魔除けや幸運をもたらすと言われています。自分の好きな模様を描いて楽しむことができるため、気軽に楽しめるタトゥーとなっており、タトゥーは入れたくないけど消えるタトゥーを楽しんでみたいという方にオススメのファッション雑貨です。

インテリア雑貨

パキスタン絨毯

パキスタン絨毯は、パキスタンを代表する世界的にも有名な絨毯です。メジャーな模様にボハラ柄という幾何学模様が連続したような柄のものとひし形が連続したようなジャルダン柄というものがあり、異国情緒あふれる絨毯となっています。伝統的な赤い色のものから、淡い色などたくさんの種類の絨毯があり、お気に入りを選ぶのが楽しいです。値段は絨毯のクオリティによってピンからキリまであり、高級なものは光沢があり大変美しいです。インテリアとの相性も良い柄の絨毯が多く、仕入れにオススメです。

キャメルランプ

パキスタンの伝統工芸品であるキャメルランプは、らくだや山羊やヒツジの革を使用して作られています。革のランプは日本国内ではあまりメジャーではなく、珍しいため仕入れにオススメの雑貨です。丈夫で軽くため使い勝手がいいランプです。パキスタンの人々の生活にラクダは欠かせない重要な生き物です。乗用や畜産用として重宝され、大事なラクダを無駄にすることがないようにという考えからキャメルランプが生まれたといわれています。

生活雑貨/日用雑貨

青いムルタン焼き

パキスタンでは、ムルタン地方で生まれたムルタン焼きという伝統的な焼き物を購入することができます。青と白の組み合わせが美しい食器です。ムルタン焼きは繊細な細工が施してあるものが多く、その手先の器用さに驚かされます。花瓶や大皿、マグカップをはじめ、鍋敷きやコースターに使えるタイルも多数販売しており、仕入れにおすすめの雑貨となっています。都市部のお土産ショップでも購入できますが、ムルタン地方まで行った方が質が高く安いものを購入できます。

いかがでしたか?

熱砂の国パキスタンの仕入れ向き雑貨特集でした。

美容と健康の国、韓国でオススメの仕入れ雑貨を大特集

韓国と言えば激辛グルメ、豊富な美容雑貨、K-POP、色々思い浮かびますね。韓国は日本から距離が近く、初めての海外旅行先に韓国を選ぶ方も多いと思います。比較的物価も安く、買い物もしやすい国です。今回はそんな国韓国で仕入れにオススメの雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

メドゥプアクセサリー

メドゥプとは、韓国の伝統工芸品のことで、綺麗な飾り結びが美しく、仕入れにおすすめです。紐の組み方や長さによって意味が異なり、お守りでもあります。花びらのような結び方と紐の明るさが特徴的です。メドゥプは、手の指で結って完成されます。韓国の伝統衣装チマチョゴリの胸元の飾りに使われますが、現代ではバッグやポーチ、ブレスレッドなど身の回りに付けてアクセサリーとして使うのも良く、仕入れにオススメの雑貨です。

インテリア雑貨

梨泰院のアンティーク雑貨

韓国のホットなおしゃれスポット梨泰院のアンティーク雑貨は、おしゃれかつ珍しいものが多く、仕入れにオススメです。梨泰院は韓国の中でも特にインターナショナルな地域で、かつて駐在していた外国の軍人が家具を残したまま帰国したことからこの地域にアンティークショップが多く立ち並ぶようになったそうです。ミリタリーアンティーク雑貨が好きな方や、一点ものが好きな方はぜひ梨泰院に仕入れに行ってみてはいかがでしょうか。

生活雑貨/日用雑貨

螺鈿細工

螺鈿(らでん)細工とは、韓国を代表する田津工芸の一つで、漆塗りが施してあり、とても美しい伝統工芸品です。螺鈿という文字には意味があり、それぞれ白蝶貝、散りばめるといった意味があるそうです。螺鈿細工が施されたアクセサリーボックスや、螺鈿細工の名刺ケースなどのコンパクトなサイズまでたくさんの螺鈿細工の商品が販売されていて、仕入れにオススメです。

ポジャギ

ポジャギという韓国の伝統工芸品は、パッチワークのように布をくっつけていき完成させるカラフルで可愛らしい雑貨です。韓国の人々の間では縁起の良いものと考えられていて、婚礼でのお祝いのお礼として、一枚一枚布をポジャギの雑貨は様々な種類のものが売っています。巾着やポーチ、クッションカバー、ハンカチなどがコンパクトで可愛く、使い勝手も良いため仕入れにおすすめです。

済州島モチーフ雑貨

韓国のリゾート地と言えば、済州島ですね。済州島ではとってもかわいいスノーボールやキャンドルが販売しており、仕入れにオススメです。中に入っている貝殻や花は本物を使用しているそうです。ほかにも済州島の香りがするというミニキャンドルも販売しています。とても涼し気でリゾート地ならではの雑貨です。

いかがでしたか?

韓国はコスメや美容グッズや辛くておいしい韓国料理のイメージが強いですが、仕入れにオススメの韓国雑貨はたくさんありますので、ぜひ仕入れの参考にしていただけると幸いです。

実は温泉大好き国家!中欧ハンガリーで仕入れ向きの雑貨を大特集

ハンガリーはとてもおしゃれな街並みが楽しめるヨーロッパの国のうちの一つですが、温泉が多数ある温泉大好き国家でもあります。伝統的な刺繍雑貨を販売している個性的な雑貨が多く、素敵な仕入れ向き雑貨をみつけることができます。今回はそんな国ハンガリーでオススメの仕入れ向き雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

様々な伝統刺繍雑貨

ハンガリーでは地域によって異なる様々な伝統の刺繍雑貨が販売されています。一つ一つがとても個性的で、緻密に縫われていて美しく仕入れにおすすめです。

カロチャ刺繍

ハンガリーのカロチャ地方に伝わる伝統のカロチャ刺繍は、白地に明るい糸を使って刺繍されたカラフルな花が特徴です。ぷっくりと立体感を感じられるのも、可愛さを引き立ててくれます。身に着けると気分を華やげてくれるので、ワンピースなどの洋服をはじめ、ハンカチなどの服飾雑貨が特に仕入れにおすすめです。

マチョー刺繍

ハンガリーの北東にあるマチョ―地方伝統のマチョー刺繍は、マチョ―のバラと呼ばれる真っ赤なバラが特徴の豪華な刺繍です。マチョ―のバラは、ハンガリーでは神聖な花と考えられており、マチョ―刺繍の大切なシンボルです。黒地を使用することが多いのも特徴の一つで、黒とマチョ―のバラの赤の対比が大変美しく、ポシェットや巾着、エプロンなどが仕入れにオススメです。

伝統藍染

ハンガリーの伝統工芸、藍染された雑貨は仕入れにオススメです。ハンガリーの藍染の歴史は長く、約200年以上も続いています。深い藍の色に染められた布はとても美しく、水玉や子花柄の均一なパターンは、長く受け継がれてきた技術を思わせます。現地の伝統工芸マーケットなどに赴き素敵な商品を探してみてはいかがでしょうか。洋服はもちもんのこと、帽子やクッションカバーなど仕入れに向いています。

インテリア雑貨

チェス

ハンガリーの人々はチェスを好む人が多く、ハンガリーチェス盤が用意してある温泉があり、湯につかりながらチェスを楽しむ人もいるのだとか。チェスは大きいものから小さいものや、色がモノクロ以外のカラーリングをしているもの、盤面に細工が施してある美しいものなど、実に様々なデザインのチェス盤が多く販売されています。

木製からくり箱

ハンガリーのお土産として人気の高い、木製からくり箱は、いろんな色やデザインがあり、簡単には開けられないようになっているため、大切なものや隠しておきたいものを入れるのにぴったりの木箱です。買う際には開け方を伝授してもらいましょう。インテリアとして飾ってもいいほど、見た目が可愛らしいものや上品なものが多く、仕入れにおすすめです。

生活雑貨/日用雑貨

石鹸、バスソルト

ハンガリー国内には大きく美しい湖がたくさんあり、その湖から採れた泥を利用して作られた珍しいバスソルトを購入することができます。温泉大好き国家ハンガリーでは、バスソルトなどのバスグッズは人気が高く、高品質なものがたくさん販売されています。他にも、ビタミンやミネラルが多く含まれているアボカド石鹸など、美容好きにはたまらない美容雑貨が多く、仕入れにおすすめです。

いかがでしたか?

温泉好きという日本との意外な共通点のあるハンガリーの仕入れにおすすめの雑貨特集でした。仕入れの参考になれば幸いです。

中世と現代の文化が共存する国エストニアでおすすめの仕入れ向き雑貨を大特集

スカイプの生みの親でもある国エストニアは、IT先進国でありながら中世の美しい街並みや文化が残る独特の雰囲気を持った国です。今回はそんな国エストニアで買えるオススメの仕入れ向き雑貨をご紹介します。

ファッション雑貨/服飾雑貨

エストニア伝統模様ニット

エストニアのニット製品はとても暖かく、機能性が高い高品質なものが多く、仕入れにオススメです。特にオススメなのは、エストニアの伝統的な柄に編み込まれているニット雑貨です。セーターやミトン、靴下にマフラーなどたくさんの種類の雑貨を買うことができます。エストニアの首都タリンの旧市街には、「セーターの壁」という名前の付いた場所があり、編み物を取り扱う露店がずらっと並んでいて、買い物し甲斐があります。日本ではあまりみかけないような珍しい形やデザインの編み物がたくさん見つかります。

フェルト雑貨

エストニアにはおしゃれなフェルト雑貨がたくさん売っています。フェルトの帽子なんかは日本ではあまりメジャーではなく珍しいのでおすすめです。アニマル柄のフェルト帽子も売っていて、子供が被ると可愛さ満点です。フェルトの鍋敷きも可愛らしさと実用性を兼ねそろえていて、仕入れにオススメのフェルト雑貨です。とても個性的なフェルト製の猫ハウスなどなど、エストニアのフェルト雑貨のラインナップは幅広く、仕入れにおすすめです。

インテリア雑貨

木製雑貨

エストニアはIT先進国でもありながら自然豊かな国でもあり、かわいらしくぬくもりあふれる木工雑貨がたくさん売られています。エストニアの木製テーブルウェアはクオリティが高く仕入れ雑貨としてとてもおすすめです。他にも、おもちゃや人形、時計、インテリアなど充実のラインナップです。

天使のオーナメント

エストニアの天使のオーナメントはとても綺麗で、仕入れにオススメです。エストニアの人々は窓にこの天使のオーナメントを飾る習慣があり、外から入ろうとしてくる悪いものから守ってくれると考えられているそうです。

編みぐるみ

エストニアの人々は編み物が得意のようで、たくさんのハンドメイドの編みもの雑貨が売られています。特にオススメなのは個性的なアニマル編みぐるみです。作り手によって異なるデザイン、表情、色使い。ハンドメイドならではのあたたかみが感じられます。一点ものも探すのも楽しいです。インテリアとして部屋に飾ったり、お子様のおもちゃとして購入するのがおすすめです。

生活雑貨/日用雑貨

伝統の柄の刺繍雑貨

エストニアの伝統の刺繍雑貨は仕入れにとてもおすすめです。黒字に鮮やかな色の糸で花の模様が刺繍してあるオーナメントや、シューズ、ミトン、がまぐちなど選ぶのに迷ってしまうような可愛い刺繍雑貨がたくさん販売されています。お花の刺繍はとても緻密に施されていて、どことなくレトロな雰囲気がします。レトロなファッションを楽しみたいお洒落さんにぴったりの雑貨です。

ハンドペインティングの陶器

エストニアのハンドペインティングによって仕上げられた陶器はとても個性的で可愛く、まるでエストニアの伝統衣装のスカートのような見た目をしています。マグカップやお皿など、テーブルに彩をあたえてくれること間違いなしのお洒落な生活雑貨で、仕入れにオススメです。他にもシュガーポットなども売っていて、小物入れとしても代用できそうです。

いかがでしたか?

エストニアはIT分野に特化した現代的な国ですが、このようにおとぎ話のようなかわいい伝統の雑貨も残っていて、とても興味深く面白い国です。仕入れの参考になれば幸いです。

パステルカラーの街並みが可愛い!ラトビアで仕入れにおすすめの雑貨特集

ラトビアはバルト三国のうちのひとつで、春はベリーを摘み、秋にはキノコ狩りを楽しむことができるのどかな国です。ラトビアの雑貨はハンドメイドで作られているものが多く、ぬくもりのあるナチュラルな商品が多いという特徴があります。今回はそんな国ラトビアでオススメの仕入れ向き雑貨についてご紹介します。

ファッション雑貨

ラトビアミトン

ラトビアでは本当にたくさんの種類のミトンが販売されています。特にラトビア伝統の柄が編み込まれ、指先にあたる部分が三角形になっているものが仕入れ雑貨としてオススメです。三角形なのは、熱を保つためだと言われています。ラトビアの地域によって伝統の柄は違いがあり、どれも素敵なミトンばかりで選ぶのにとても迷ってしまいます。ひとつひとつハンドメイドで作られていることが多いラトビアのミトンは、手編みでしか感じることのできないぬくもりやあたたかさといったものが楽しめるので、仕入れにオススメです。

ラトビアのバスケット

ラトビアの人々は森でベリー摘みやキノコ狩りを楽しむことが多いそうで、バスケットは必需品です。そのため様々な種類の可愛いバスケットが売っています。主に柳や白樺の木を使って作られており、頑丈でつくりがしっかりしているため、なかなか壊れることがありません。最近かごバッグ等はファッションとして楽しむ方やおしゃれな収納として好まれる方が増えてきて、日本でも一定の人気があるため仕入れにオススメの雑貨となっています。

インテリア雑貨

ラトビア紋様オーナメント

ラトビアに伝わる神様を表した紋様が描かれたオーナメントは、ラトビアしか買えない伝統的な雑貨です。描かれるモチーフの一つ一つに意味があり、太陽や健康といったような自然のものを表しているそうです。ラトビアではクリスマスを祝う時、このオーナメントを飾り付けるそうです。オーナメント以外にも、コースターなどのインテリア雑貨やリボン帯などのファッション雑貨といったものもあり、仕入れにオススメです。

生活雑貨

リンゴ型エコバッグ

ラトビアのエコバッグはゆるふわな可愛らしい柄のものが多く、仕入れにオススメです。
日本でもサステイナブルやレジ袋有料の観点から、エコバッグの需要は高まっています。たくさん種類のあるラトビアのエコバッグですが、特にオススメなのはリンゴ型のエコバッグです。畳むと可愛らしいリンゴの見た目をしており、珍しくてオススメです。

蜜ろうキャンドル

ラトビアの特産物のひとつにはちみつがあげられますが、ラトビアのはちみつから作られる蜜ろうキャンドルというものが売っているのは知っていますか?はちみつを取る際の副産物として出る蜜ろうのキャンドルは、とってもサステイナブルで地球にやさしいオススメの仕入れ向き雑貨です。もみの木や松ぼっくりなど自然由来のものをモチーフにしたものが多く、見た目の可愛さバツグンです。それだけにとどまらず、蜜ろうには抗菌作用があり、キャンドルに火をともすと空気を浄化してくれるため、喘息や花粉症の方にオススメの仕入れ向き雑貨です。

ラトビア革製品

ラトビアの革製品は高品質でオシャレなデザインのものが多く、仕入れ雑貨としてとてもオススメです。旧市街地には良い雰囲気の革製品を取り扱うお店があり、小物入れや財布などが売っています。また、ラトビアはエコやサステイナブルといったことに関心のある人々が多く、レザー製品を作る過程で残った不要な部分を再利用するなどして作ったサステイナブルなレザー製品も販売しています。

いかがでしたか?

ラトビアでは自然のぬくもりを感じることのできる素敵な雑貨と巡り合うことができます。仕入れの参考になりましたら幸いです。

ユーモアあふれる個性的な雑貨がたくさん!アメリカで仕入れにおすすめの雑貨特集

ファッション雑貨/服飾雑貨

ナンタケットバスケット

ナンタケットバスケットは、アメリカ東海岸のナンタケット島でつくられる高級伝統工芸品で、オードリー・ヘプバーンやケネディなど有名人も使用していたと言われています。フタが特徴的なとても可愛らしいバスケットは、伝統の方法でひとつひとつハンドメイドで作られています。大きさは様々なものがあるため、色んな用途にあわせて使うことができます。とてもおしゃれなアメリカの伝統のバスケットで、仕入れにオススメです。

ヴィ―ガンコスメ

アメリカでは、年々オーガニック雑貨やヴィ―ガン雑貨への関心が高まっており、その影響はコスメにも出ています。人工香料や着色料を使用していないオーガニックコスメはアメリカ人の間で人気が高く、種類も豊富です。商品の開発では動物実験を禁止にしたりと、エシカルな面もあり、需要は伸び続けています。野菜や果物を素材にしてつくられる日本では珍しいオーガニックコスメも販売しており、エコやエシカルといったものに関心のある方へオススメの仕入れ向き雑貨です。

インテリア雑貨

ニューヨークの女神関連グッズ

アメリカといえばNY、NYといえば自由の女神ですね。自由の女神は有名すぎるNYのシンボルで、その人気ぶりから自由の女神モチーフの雑貨がたくさん販売されています。ミニチュアの置物や、自由の女神の格好をしたアメリカのメジャーなキャラクターのマスコットキーホルダーやぬいぐるみ、マグカップやTシャツなど、あらゆるグッズが販売されていて、ユニークで仕入れにもオススメです。

サンフランシスコのマリンモチーフ雑貨

シーフードが良く採れる港町でもあるサンフランシスコでは、マリンモチーフの雑貨が多く売られています。綺麗な海を思わせる貝殻をモチーフにしたアクセサリーや、ウィンドベルなんかも仕入れ雑貨としてとてもオススメです。ロマンチックなジュエリーボックスや、空間を楽しげに演出するオーナメントなど、マリン系雑貨が好きな方にぴったりです。

生活雑貨/日用雑貨

エコバッグ

アメリカのエコバックの種類は豊富なうえに値段も安く、オススメの仕入れ雑貨です。その種類の多さから、エコやエシカルといったことへの関心が強い人々が多いことが伺えます。大型のスーパーでは自社デザインのエコバッグを販売していて、大変人気があります。シンプルなキャンバス生地のものからカラフルな色やにぎやかな柄のものまで、お気に入りのものが一つはみつかる充実のラインナップで、仕入れ向きの雑貨です。

NASAグッズ

 

宇宙開発の分野で常に最先端をいくアメリカのNASA。アメリカでは、たくさんのNASA関連の雑貨が販売しており、購入することが可能です。一度は宇宙や宇宙飛行士にあこがれたり夢を抱いたりしたことがある方は多いと思いますが、NASA関連雑貨はそういった方々へぴったりの仕入れ向き雑貨です。定番のNASAのロゴがデザインされた雑貨も人気がありますが、綺麗な惑星のペーパーウェイトや宇宙ロケットモチーフのUSBドライブ、有名なアポロ計画の時使用された帰還用カプセルの置物など、実用的な仕入れ向き雑貨がたくさんあります。

大統領モチーフグッズ

ユーモアあふれるアメリカでは、大統領モチーフ雑貨なるものが販売されています。風刺やジョークを好むアメリカらしい雑貨ですね。大統領をグッズ化してしまう発想はなかなか日本にはない文化なので、少々驚いてしまいますよね。マグカップやトレイなど実用的な大統領モチーフ雑貨や、デフォルメされた大統領の絵がプリントされたトランプなどの娯楽グッズまで色々売っています。風刺やジョークグッズが好きな方へオススメの仕入れ雑貨です。

サボテングッズ

グランドキャニオンで有名なアリゾナは、公園や街中などいたるところにサボテンが生えている地域です。庭にサボテンが生えている家庭も珍しくないほど、アリゾナの人々はサボテンが好きで、店にもサボテンモチーフの雑貨がたくさん売られています。ポップでキュートなサボテンがデザインされたピンバッジやキーホルダーや、サボテン型ボールペンといったユニークな文房具雑貨、ポーチやバッグ、アートボードなど、本当に様々なサボテンモチーフ雑貨と出会うことができ、仕入れにオススメです。

いかがでしたか?

アメリカの個性あふれるオススメ仕入れ雑貨特集でした。他にもオーガニック雑貨やヴィーガン向けの雑貨など、常に流行の最先端にいるアメリカでは、素敵な仕入れ向き雑貨と出会うことができます。仕入れの参考になれば幸いです。